ホーム 問合せ・会社紹介 作業依頼ページ

よくあるお問合せ・映像音声・DVDに関する基礎知識 

★ このページは、DVDに関するよくあるお問合せについて、関連項目とともに知識を得て頂くページです。
  なお、メーカーや機種独自の機能などにより、ご説明があてはまらない場合があります。ご了承ください。





 
◆お問合せ項目
■地デジ番組をDVDにダビングできない! ■ブルーレイDVDについて詳しく教えて。 ■メーカーサポートサイトを知りたい
■ビデオテープを消してしまった!復元は?
  
■どんな手順で作業依頼をするのですか?
■作業依頼から何日くらいで完成ですか?
■ビデオテープにカビが発生してしまった! ■グチャグチャになったテープの復元は? ■miniDVテープが切れてしまった!
■オープンテープはCDに変換できますか?
■支払いはどのような種類がありますか? ■ダビングの時のメディアは送るのですか?
■テープが動かないのですが!



 ■ ハードディスクに録画した地デジ番組をDVDにダビングできない?      

 ■ CPRM対応 DVD-Rディスクを使用します。

CPRM対応DVD-Rディスクとは、BSデジタル放送/地上デジタル放送等で著作権保護のために録画が制限された番組の録画を
可能にするディスク
です。                           



例えは、あなたが地上デジタル放送をハードディスクに録画したものをDVDディスクにダビングしようとした時、通常のDVD-Rでは、「コピー禁止」の表示が出てダビング出来ません。

CPRM対応のDVD-Rならダビング可能です。


その場合、「コピーワンス」の場合は1回のみダビングが許可されており、ハードディスクからDVD-Rへの移転のみになります。

最近では「ダビング10」(10回のダビングが許可)が広くいきわたり、10回まではダビングが可能となってきました。


2004年秋から発売になったCPRM対応DVD-Rですが、CPRM対応のDVDレコーダで録画する場合に限り録画可能となりました。


ただ、それまでに発売済みのDVD機器ではDVD-RはすべてCPRM非対応のため、CPRMディスクに録画されたものは再生出来ません。

ディスク購入の際は「CPRM」を確認してください。 







 ■ ブルーレイ・ディスクについて詳しく教えて!               

 ■ これから機器を購入するならブルーレイをお勧めします!

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)とは、ソニー、パナソニック、シャープなどが策定し青紫色半導体レーザーを使用する
新世代の光ディスク規格です。

ブルーレイディスクの詳しい構造、原理などに興味がおありの方は、「ウィキペディア」などで別途ご確認ください。


ブルーレイディスクは従来のCDやDVDも使用できる製品として開発が進められた
ため、ほとんどのブルーレイディスク対応機器では従来からのCDやDVDをブルー
レイディスクドライブで取り扱うことは可能です。


しかし、逆は不可能ですので、ブルーレイ非対応機器でブルーレイディスク
の再生はできません。
    
           

現在のところ、ブルーレイディスクは25ギガバイト、通常ディスクは4.7ギガバイトで、容量で約6倍の差しかありませんが、今後、ブルーレイディスク容量の拡大、画質向上など、さらなる品質向上が計られ、ディスクメディアも価格低下が進み、通常のDVDディスクとあまり差がなくなってくることが予想されます。


また市販ソフトもブルーレイディスクがどんどん増え、通常のDVDは減少傾向となることでしょう。


今後、機器購入をお考えの方は、是非ブルーレイディスクの購入をお勧めします。








 ■ DVD機器などについてメーカーサポートのサイトをしりたいのですが!   

メーカーごとのサイトは下記の通りです。

Panasonic DVD機器(ブルーレイ以外) お客様サポート------------→

Panasonic DVD機器(ブルーレイ) お客様サポート

Panasonic  総合お客様サポート




SONY DVDレコーダー(ブルーレイ含) お客様サポート-------------→

SONY  総合お客様サポート





東芝 RD-Style お客様サポート-----------------------------→

東芝 デジタル機器サポート




シャープ DVD機器(ブルーレイ含む) お客様サポート

三菱電機 DVD機器(ブルーレイ含む) お客様サポート

パイオニア DVD機器(ブルーレイ含む) お客様サポート


TDK お客様サポート

マクセル お客様サポート

フジフィルム お客様サポート






 ■ ビデオテープを消してしまいました!復元はできますか?          

ビデオテープを録画する時のテープの走行は下記のようになります。

VHSテープ誤消去防止ツメ
録画可能テープです。



VHSテープ誤消去防止ツメ
取除いているため録画出来ません。



miniDVテープの誤消去防止レバーが
REC側になっているため録画可能です。




miniDVテープの誤消去防止レバーが
SAVE側になっているため録画不能です。



 ◆ 録画ボタンを押すと → @ ビデオ機器内の消去ヘッドで内容を消去
                  A 録画ヘッドでテープに映像音声を書き込み


 ◆ 録画ボタンを押すと全ての内容が消去されます。
   
残念ですが復元することは不可能です。くれぐれもご注意ください!


 ◆ パソコンなら「元に戻す」ボタンで、データが復帰可能ですが・・・
   とのお問い合わせも多いのですが、ビデオテープは別途にデータを
   保管しているところはありませんので復帰しません。
 



   このようなことを防ぐために「誤消去防止ツメ」をご利用ください。
   指で差示している部分です。




ホーム 問合せ・会社紹介 作業依頼ページ

                      

                                                       ページTOP